修業時代

適塾

洪庵の著作

医学者「洪庵」

その他周辺情報

管理人プロフィール

管理人:ミホノコウアン
歴史の勉強にはまりつつある38歳。趣味は競馬。思い出の馬はミホノブルボン。
kibiburu★yahoo.co.jp
スパム対策のため、@を★にしています。メールされる場合は★を@に変えてから送信してください。

洪庵の家族

洪庵は1810年7月14日に生まれました。記録によると卯の上刻ということですので、朝方5 時〜6時くらいと推測されます。

父親の名前は佐伯惟因、母親はキョウ、兄は佐伯馬之助で姉がキチと言いました。
実は洪庵の兄は厳密には二人いるのですが、長男は幼少期に亡くなっているため、洪庵誕 生時には兄一人、姉一人という姉弟構成でした。

父惟因は木下氏に仕える藩士で、江戸や大阪を行き来した忙しい身の上だったようです。 洪庵自身も、父惟因に伴われる形で若い時よりあちこちを行き来していました。

兄の馬之助は父同様木下氏に仕える役人となり、姉のキチは吉備津神社神官に嫁いでいま す。
子供も多くもうけています。
多賀
整之輔
平三
四郎
小睦
七重
八千代
九重
十郎
十重
収二郎
重三郎

幼くして亡くなった子供もいますが、分かっているだけでも12人の子供がいたようです。 洪庵は病弱で有名でしたが、意外(?)ともいえる子だくさんです。


Copyright © 2008〜 緒方洪庵概伝. All rights reserved