修業時代

適塾

洪庵の著作

医学者「洪庵」

その他周辺情報

管理人プロフィール

管理人:ミホノコウアン
歴史の勉強にはまりつつある38歳。趣味は競馬。思い出の馬はミホノブルボン。
kibiburu★yahoo.co.jp
スパム対策のため、@を★にしています。メールされる場合は★を@に変えてから送信してください。

洪庵の出発点

洪庵は16歳のとき、初めて足守藩を出て大阪に出向きました。
父親が足守藩の所要で大阪に出かけた際に同行したわけですが、このときの用がきっかけで洪庵は大阪に住み着くことになります。

父惟因の所要とは足守藩の蔵屋敷を大阪で探すことだったのですが、蔵屋敷を無事探したことで惟因は大阪の留守役を命ぜられたのです。

大阪蔵屋敷の留守役を預かることになった父親に再び付いていく形で洪庵も大阪へ行き、そこで後の偉業の基礎となる期間をすごすことになるわけです。

洪庵が大阪に住むことになった翌年の1826年、洪庵は中天游の門人となりました(思々斎塾)。
天游とは、当時の大阪の蘭学者であり、洪庵をして

「天游先生がいなかったら今の自分はなかった。」

とまで言わしめた西洋医学の先駆者でした。
天游の業績で偉大なのは、ベルギーの医学者パルフェインが著した『解剖図』を翻刻したことです。

杉田玄白の解体新書は木版画であったのに対し、天游の解剖図は銅製版画であったので精密な表現が可能で、以後、医学会においてのテキストとして大いに活用されました。

洪庵は自身が病弱であったこともあり、こうした医学に秀でた知識を持っている天游に惹かれ、彼の門下生になったのです。
17歳という学び盛りの時期に天游という大阪蘭学会を代表するような人物に教えを請うたことは、彼にとっては大きな転機だったといえます。


Copyright © 2008〜 緒方洪庵概伝. All rights reserved