修業時代

適塾

洪庵の著作

医学者「洪庵」

その他周辺情報

管理人プロフィール

管理人:ミホノコウアン
歴史の勉強にはまりつつある38歳。趣味は競馬。思い出の馬はミホノブルボン。
kibiburu★yahoo.co.jp
スパム対策のため、@を★にしています。メールされる場合は★を@に変えてから送信してください。

適塾出身の有名人

  • 福沢諭吉
  • 大村益次郎
    周防国の医者の子として生まれる。適塾では塾頭を務めるまでになった優秀な人物。幕府令による長州征伐時には、長州藩側の彼の指示のもと幕府軍に対してことごとく有利に戦いを進めることができた。戊辰戦争を経て明治新政府の幹部となり建軍をすすめたが、京都木屋町にて彼に反感を持っていた人物に襲われ、数日間の手当もむなしく、死去する。
  • 橋本左内
    越前国出身。適塾で医学を学んだ後に西郷隆盛などと交流し、幕政改革運動に参加。幕政を維持しつつ西欧とも交流を図るべきという主張を展開し、幕末期は危険人物視された。井伊直弼の安政の大獄で処刑される。
  • 佐野常民
  • 手塚良仙
  • 大鳥圭介
    播磨の赤穂の医者の子として生まれ、閑谷学校(岡山)、適塾(大阪)などで学び、のちに幕臣に取り立てられる。戊辰戦争では榎本武揚とともに戦うが、五稜郭の戦いであえなく降伏。投獄されはしたが見識を高く評価され、出獄後は明治新政府の官僚として工業の近代化に多大な功績を残す。日清戦争開戦直前の交渉を担当したことでも有名。
  • 長与専斎
    大村藩出身。藩校で学んだのちに適塾に入門し、後に福沢諭吉の後任塾頭となる。岩倉遣欧使節団の一員として渡欧したり、東京医学校(現在の東京大学医学部)の校長をしたり、東京に牛痘種継所を設立したり、日本で初めて衛生という言葉を広めたりと、日本の医学界に大きな功績を残した。
  • 高松凌雲

適塾出身の有名人としては、福沢諭吉がやはり第一に挙げられます。
彼は、適塾時代に、いわゆる最高のクラスである最上級にまで進級していた一人ですが、のちに 「洪庵先生の講義を聞いて、その緻密さと放胆さに、蘭学界の一大家・名実ともに相違のない大人物であると感心するのは毎度のことで、講義が終わると塾仲間たちと"先生の講義を聞くと、とたんに自分たちが無学無識になったようだ"などと話していたものだ」
by福沢諭吉


Copyright © 2008〜 緒方洪庵概伝. All rights reserved